心筋梗塞の既往のある患者の看護(心不全患者の看護に準ずる)看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,250
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    心筋梗塞の既往のある患者の看護(心不全患者の看護に準ずる)
    問題点 具体策 備考 #1再梗塞を起こす危険がある
    1.患者の状態把握
    ①問診、心電図から心筋梗塞既往の有無を 確認
    ②発症の時期
    ③日常生活能力(NYHAの分類)
    ④高血圧、心不全、脳卒中、腎障害などの合併症の有無と常用薬を確認
    ⑤検査データの把握
    2.胸部症状の観察
    ・持続性胸痛
    ・胸部圧迫感、しめつけられる感じ
    ・左手に放散する激痛
    ・背部痛
    ・急にひどい呼吸困難、動悸、悪心
    3.薬物の準備
     麻酔科とコンタクトをとりながら必要時準備していく
    4.モニター管理
    ・Aライン、CVライン、スワンガンツカテーテルの挿入介助
    ・血算、血

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心筋梗塞の既往のある患者の看護(心不全患者の看護に準ずる)
    問題点 具体策 備考 #1再梗塞を起こす危険がある
    1.患者の状態把握
    ①問診、心電図から心筋梗塞既往の有無を 確認
    ②発症の時期
    ③日常生活能力(NYHAの分類)
    ④高血圧、心不全、脳卒中、腎障害などの合併症の有無と常用薬を確認
    ⑤検査データの把握
    2.胸部症状の観察
    ・持続性胸痛
    ・胸部圧迫感、しめつけられる感じ
    ・左手に放散する激痛
    ・背部痛
    ・急にひどい呼吸困難、動悸、悪心
    3.薬物の準備
     麻酔科とコンタクトをとりながら必要時準備していく
    4.モニター管理
    ・Aライン、CVライン、スワンガンツカテーテルの挿入介助
    ・血算、血..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。