色覚検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,873
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    色覚検査
    目的
    先天性色覚異常者を検出し、その程度や分類を求める。
    後天性色覚異常者に対して、各種疾患の補助的検査の一つとして、疾患の経過、予後、治療、治癒の判断に用いる。
    検査の種類と必要物品
    色覚検査法(石原表、大熊表、標準色覚検査表など)
    色相配列法(100ヒューテスト、パネルD-15テスト)
    色光を用いた検査(アノマロスコープ、ラレタレテスト)
    方法
    検査に必要な自然光に近い環境の部屋へ案内する。
    医師または視能訓練士が、検査方法や注意事項について詳しく説明し検査を行う。
    看護者はリラックスして検査が受けられるように配慮する。
    注意事項
    各検査に指示された検査距離や採光..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。