障害受容のプロセス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数8,541
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理障害変化自己概念イメージ理解身体生活対応看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害受容のプロセス
     排泄障害をもつ人の心理的ケアとして、身体的喪失、ならびに身体的な自己像の自己イメージの喪失をどう受け止めているか。また、自分の受けた障害を知的、情緒的にどう理解して、生活にどのように適応しようとしている段階なのかを理解する。
    フインク、コーンの段階理論(モデル)を用いると、障害受容のプロセスは、
    「ショック」→「回復への期待」→「悲嘆」→「現実認識」→「適応(順応)」と整理される。
     心理的ケアとしては、①ひたすら聴く(傾聴)、②問題の整理、③段階に応じた対応、が必要となる。すなわち「ショック期」→不安を表出させる。
    「回復への期待」→期待を受け止めながら、可能性の可否の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。