血管造影検査法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数595
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護看護実習医療医・薬学医学看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    血管造影検査法
    目的
    血管内に造影剤を注入して、血管系の造影を得、血管性病変の診断(狭窄、閉塞、動脈瘤など)、疾患に対する術前の検査(血管解剖、病変の広がりなど)、血管性病変の術前の評価を行なう。
    対象または適応
    腹部大動脈造影の場合は、腹部全体の形状および血管の状態により、動脈硬化症、動脈瘤などの検査を行なう。
    下肢動脈造影の場合は、動脈硬化症、血流状態および狭窄の確認を行なう。
    胸部大動脈造影の場合は、解離性大動脈瘤および手術後のA-Cバイパス、内胸動脈などの確認を行なう。
    禁忌
    造影剤過敏症
    重篤な他疾患(予後不良な癌など)を有する患者
    精神病患者または検査に協力が得られな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。