血管造影検査(診断)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数461
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法目的看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    血管造影検査(診断)
    目的
    血管内にカテーテルを挿入し、造影剤を注入して血管系の造影を得る事により
    病変の診断
    腫瘍性病変の栄養血管の把握と病態の診断、ならびに治療方針の決定
    手術到達法の検討を行う方法である。
    必要物品
    アンギオセット(消毒かん子1本、ペアン1本、モスキート1本、金属丸トレイ、ガ-ゼ)
    デッキ類(術衣2枚、滅菌ドレープ100×120を1枚、メディスポシーツ120×120を1枚、滅菌布中デッキ1枚)
    注射器類(ロック付ガラス注射器10ml 2本)
    器材類(ガイドワイヤ-、カテ-テル、スチロールセット)
    薬品類(ヘパ生食、造影剤、局麻剤、消毒液)  
    シースセ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。