結膜下注射

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,892
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護看護実習医療医・薬学医学看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    結膜下注射
    目的
    眼の局所の薬剤濃度を高めるためと薬剤の持続時間を高めるため。
    必要物品
    0.1%マスキン綿(以後拭き綿とする)、1CC注射器、27G針、開瞼器、ベノキシール0.4%液(眼科用表面麻酔剤)、薬液(結膜下注射)
    方法
    患者に仰臥位となってもらう。
    医師がベノキシール0.4%液を点眼後、結膜下に注射器を使用し薬液を注入する。
    処置後医師がタリビット点眼液などの抗生物質を点眼する。
    注意事項
    緑内障で濾過胞をつくってある患者は、結膜下注射をする場合は部位に十分注意する。濾過胞と同じ場所への実施は濾過胞がつぶれるため禁忌である。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。