経皮的肺生検

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数883
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    血圧方法目的呼吸観察看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経皮的肺生検
    目的
    腫瘤性病変に対し経皮的組織診・細胞診を行い、悪性疾患か否かの確実な判定、診断を行う。
    原則として、末梢の病変で、透視下で認めうる腫瘤性陰影が適応になる。特に、胸膜に接するような孤立性病巣が良い適応になる。
    必要物品
    滅菌手袋、術衣(帽子、マスク)、消毒物品(イソジン、ハイポアルコール、せっし、膿盆)、穴あきデッキ、デッキ、局所麻酔物品(1%キシロカイン、18G針、22Gカテラン針、注射器)、滅菌スピッツ(冷却水)、スライドガラス、固定液、注射器、生理食塩水、血圧計、聴診器、滅菌キシロカインゼリー(清潔下でのエコーのゼリーとして使用する)、判創膏、油性マジック、コロ、肺..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。