経皮的椎体形成術(骨セメント局注療法)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数906
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害目的転移看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経皮的椎体形成術(骨セメント局注療法)
    目的
    悪性腫瘍の骨転移及び骨粗しょう症等により骨破壊が著しく、歩行障害、病的骨折の危惧、等疼痛の強い症例に対して、除痛、骨形成を目的に、アクリル性骨セメント製剤を破壊部に経皮的充填する。
    適応
    椎体骨脆弱性による疼痛を有する患者
    悪性腫瘍の椎体転移
    溶骨性腫瘍  a血管腫 b骨髄腫 c骨嚢胞
    骨粗しょう症による圧迫骨折
    合併症
    アクリル性骨セメント製剤の骨外露出
    注入局所の疼痛悪化
    末梢神経障害
    脊髄圧迫による脊髄障害
    肺塞栓症(セメントや骨髄死脂肪)
    アクリル性骨セメント製剤による心停止
    必要物品
    穴あきデッキ、中デッキ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。