経皮的胆管ステント留置術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,091
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    観察看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経皮的胆管ステント留置術
    目的
    悪性閉塞性黄疸の症例に対して、胆管の管腔を維持し内ろう化を行い、減黄を図る。ステントを留置することで、管腔を持続的に緩やかに拡張し、胆管の開存を維持する。
    適応
    切除不能胆道癌などの悪性閉塞性黄疸の症例
    禁忌
    PTCやPTCDの項に準ずる
    合併症
    PTCやPTCDの項に準ずる
    必要物品
    経皮的胆管用ステント、ガイドワイヤー、胆管拡張バルーンカテーテル、圧ゲージ付きインフレーター、外ろう用ドレナージカテーテル、PTCDセット(PTCおよびPTCDの項を参照)
    方法
    事前準備  PTCやPTCDの項に準ずる
    当日の準備  PTCやPTCDの項に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。