経カテーテル脳動脈瘤塞栓術(コイリング)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,788
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    システム意識コイル看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経カテーテル脳動脈瘤塞栓術(コイリング)
    目的
    脳動脈瘤、動静脈ろう等に対してコイルで塞栓する事で血流を遮断し、破裂、出血を防止する治療法である。
    必要物品
    診断用アンギオの必要物品一式
    1の他に器械台をもう1台準備する。
    丸缶1、スチロールセット1、ガウン2、ガーゼ40枚、デッキクレンメ4本、ナートセット1、角針1、糸1、テガダム2枚、デイスポ中デッキ1枚
    圧入セット2~3組
    加圧バック、クレンメ、圧入用輸液セット、三方活栓、エクステンジョンチューブ、Yコネクター、生食パック、ヘパリン、点滴台
    病室よりの持参物品
    薬品(スロンノン、ウロキナーゼ、ペルジピン、ペンタジン、ホリゾ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。