緊急手術に関すること

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,975
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護安全変化理解記録時間目的行動相談対応看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    緊急手術に関すること
    緊急手術とは
    一般に、緊急手術とは、前もって手術の日程を予定して、十分な術前準備を行ったうえで行う予定手術、定時手術などと呼ばれるものに対して、「救命」や「臓器機能の温存」を目的に、予定外に、臨時に行われる手術をいう。
    目的
    緊急手術を受ける患者が安全に入室し、手術を受け、退室することができる。
    適応
    緊急に手術室で手術を受ける患者
    緊急手術を要する疾患は待機手術の場合と異なり、その発症が突然でしかも重篤な症状を呈していることが多い。また、このような患者の術前準備は疾患の内容により多種多様である。短時間のあいだに術前の処置、準備も各々の病態に応じて臨機応変に行なわなければならない。また、緊急手術を必要とする患者の病態は変化しやすく、刻々と変化する患者の状態に正しく対応できなければならない。
    対策
    患者の病態の緊急性を十分に理解して、「救命」と「臓器機能の温存」を目的とし緊急手術には、医療チームを構成する一員として迅速に、また的確に対応すべきである。通常の勤務時間外でのさまざまな手術に、体制的にいかに対応するかを前もって決めて緊急手術を安全に確実に実施..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。