筋肉疲労の原因と温罨法が有効な根拠

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数846
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    エネルギー運動循環看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    温罨法 (温熱効果)
    筋肉疲労に効果がある根拠
    Q 筋肉の疲労はどうして起きるの?
    A 筋肉の中に乳酸が蓄積して起こります。
    疲労を取り除くためには十分な酸素の供給と血液の循環をよくすることが必要となり、ぬるめの温度の入浴や温罨法により疲労を回復させることができます。
    筋肉疲労の根拠
    食物に含まれる炭水化物(でんぷんや糖)は消化管で消化されブドウ糖に変わり、小腸で吸収されて血液に溶け込み全身の筋肉に送られます。
    筋肉ではブドウ糖が酸素と反応してエネルギー、水、炭酸ガスを作り出し、こうしたエネルギーによって筋肉が収縮し運動をしています。
    運動を長時間行うとブドウ糖の消費によりブドウ糖が不足してき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。