吸痰

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,898
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    変化呼吸観察看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    吸痰
    目的
    気道内分泌物、誤嚥した食物、吐物を吸引排除する。
    気道閉鎖を防止し、換気を改善する。
    対象および適応
    内の線毛運動の低下、喀痰に必要な咳嗽反射の低下により気道内分泌物の貯留した患者
    チューブや気管カニューレが挿入されている患者
    必要物品
    吸引装置、吸引カテーテル<(滅菌済み)大人─ネラトンカテーテル12~16号、小人─アトム栄養チューブ4~8号、体格・年齢に応じたものを準備する>、滅菌ディスポーザブル手袋、吸痰びん<(0.02%ヒビテングルコネート液と80%エタノールの入ったもの)気管用・口腔用区別する>、シャーレ缶(気管用・口腔用区別する)、滅菌水、鑷子、アルコールワッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。