吸引水疱植皮術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数974
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護時間看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    吸引水疱植皮術
    目的
    尋常性白斑の治療のため、正常皮膚の表皮を白斑部の表皮に植皮する。
    対象
    尋常性白斑患者
    必要物品
    吸引時
    注射器(5~20ccまで)エクステンションチューブ、三方活栓(数はそれぞれ患者によって異なる)、吸引器
    植皮時
    滅菌デッキ、形成クーパー、形成摂子、滅菌シャーレ、滅菌生食20ml3~4本、ゼメックス1枚、フシジンレオ軟膏1本、マルザルベ1枚、滅菌手袋、ガーゼ、ホギ絆、消毒一式
    方法
     吸引術
    医師は患者に手順を話す。
    医師が吸引術30~60分前に吸引部にEMLAを塗布。ODTを施行する。
    吸引開始前に排尿を促し、臥床してもらうよう説明する。
    医..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。