逆行性腎盂造影

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,846
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法観察パン看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    逆行性腎盂造影 (RP:retrograde pyelography)   
    目的
    腎杯、腎盂、尿管の形態と大きさ、結石の有無、上部尿路の通過障害の有無を知る
    対象
    腎盂・尿管腫瘍、尿路結石、水腎症疾患
    禁忌
    ヨード特異体質患者(造影剤アレルギーの患者)
    予測される合併症
    施行中の疼痛
    感染
    ショック
    尿路損傷
    必要物品
    実施場所(中央放射線部)で準備するもの
    ディスポ尿管カテーテル(オリーブチップ5Fr)、カテーテルチップ(チップを使用しない場合:注射針21G20mlを使用)、造影剤(イオパミロン300 20ml 数本)、光源、生理食塩水1リットル、ディスポの穴あきパン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。