気体注入

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数221
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    気体看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    気体注入
    目的
    裂孔原性網膜剥離で、裂孔を含む領域を網膜色素上皮に持続的に圧着させ、網膜後凝固を可能にするため。
    凝固後に、その瘢痕が完成するまで凝固領域の網膜剥離を防止するため。
    適応
    裂孔原性網膜剥離で、その裂孔が1個、または複数個でもその広がりが30°以内に入り、上方240°以内にあるもの。
    増殖性硝子体網膜症をもたず、重篤な緑内障でもないもの。 以上1~2の条件をみたす患者。
    方法
    医師が無菌的に採取した気体(SF6あるいはC3F8)を硝子体内に0.3~0.6ml注入する。
    気泡が裂孔部を覆うような体位指示をとるように、その必要性、体位保持時間の目安などを医師より説明を受ける..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。