気管切開

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,851
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織合併呼吸管理構造発声看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    気管切開
    目的
    長期の呼吸管理の際に、確実な気道確保及び気道内分泌物の除去のために行われる。数週間気管挿管で様子を見た後、呼吸管理の長期化が予測される場合に気管切開をすることが多い。緊急の窒息状態に対し緊急避難的に施行されることもある。
    適応
    気管挿管に代わる気道確保法が半恒常的に必要な場合、又は数週間気管挿管で様子を見た後長期管理が必要と判断された場合。
    顔面や頚部の手術、外傷で口や鼻からの気管挿管では不適切な場合。
    気道熱傷が強く疑われる場合は浮腫を起こす前に気管切開しておくのが原則。
    喉頭癌、声門浮腫、声門麻痺など上気道が閉塞している場合。
    顔面外傷、喉頭の急激な浮腫がある場合。
    気管挿管による患者の負担が明瞭である場合。
    必要物品
    気管切開チューブ(成人男子で8~9mm、成人女子で7~8mm)カフ用注射器、キシロカインゼリー、0,5~1%キシロカイン、注射器(10ml数本)、注射針(18G、23G)、消毒物品(イソジン液、マスキン液)、滅菌手袋、滅菌ガウン、穴あきデッキ、デッキ類、バイポーラ、気切セット、角針、絹糸(2-0,3-0)、肩枕、パルスオキシメーター、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。