気管支喘息患児の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数6,765
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    気管支喘息患児の看護
    < 看 護 >




    安楽な呼吸ができる。
    自立した規則正しい生活が行える。
    発作を予防することができる。
    看護のポイント 発作時の患児の恐怖・不安感が強い為、対処によって症状が左右する。よって、適切な判断と対処が大切である。
    患児が自立できるように、母子共に援助する。
    発作の予防に努め、治癒の方向に導くように援助する。
             O
             T
         E   
      備   考 1)喘息発作の前駆症状・発作の程度(小発作、中発作、大発作)重積発作の有無
      
    2)喀痰の粘稠度
    3)合併症の有無:皮膚症状、脱水症状

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

              気管支喘息患児の看護
    < 看 護 >




    安楽な呼吸ができる。
    自立した規則正しい生活が行える。
    発作を予防することができる。
    看護のポイント 発作時の患児の恐怖・不安感が強い為、対処によって症状が左右する。よって、適切な判断と対処が大切である。
    患児が自立できるように、母子共に援助する。
    発作の予防に努め、治癒の方向に導くように援助する。
             O
             T
         E   
      備   考 1)喘息発作の前駆症状・発作の程度(小発作、中発作、大発作)重積発作の有無
      
    2)喀痰の粘稠度
    3)合併症の有無:皮膚症状、脱水症状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。