気管支ファイバースコープによる吸痰(病棟で行う場合)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,070
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    観察看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    気管支ファイバースコープによる吸痰(病棟で行う場合)
    目的
    去痰が十分行えず、痰が貯留しているとき、咳嗽による去痰が十分でないときに行われる。
    異物を除去する。
    薬物の注入を行う。 4.気管支形成術は、創部の状態の観察と痰の除去のため、手術後毎日数回施行される。
    必要物品
    ファイバー、BF用ワゴン車、光源装置、レンズクリーニングリキッド、吸引器、キシロカインゼリー、キシロカインスプレー、マスキン水、ヘキザックアルコール、滅菌ガーゼ、摂子、滅菌手袋、滅菌水、滅菌シャーレ(医師の指示がある場合 4%キシロカイン吸入液、吸入器、ネブライザー、培養スピッツ)
    方法
    医師が光学医療診療部にファ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。