気管カニューレ交換

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数13,587
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    管理目的呼吸汚染感染看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    気管カニューレ交換
    目的
    カニューレ下端の分泌物貯留防止、内腔の狭小化防止、細菌感染防止
    対象
    気管切開部より上方に気道の狭窄や閉塞がある
    下気道の管理 脳神経疾患、胸部疾患、術後の気道管理において、気道内分泌物の処理、長期間の人工呼吸器を使用する場合
    手術のため 全身麻酔で経口的気管内挿管が著しく術野を傷害する場合や、頭頸部手術で術後出血が予測されこれが下気道に流下すると考えられる場合
    カニューレの種類と特徴
    カフ付きカニューレ   血液や誤嚥物が気管内流入する恐れのある時使用   ポーテックス、ボーカレートは再消毒不可
    シリコンカニューレ   気道粘膜の刺激が少ない   内管を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。