機能性尿失禁

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,398
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境障害指導感染看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    機能性尿失禁
    患者目標
    ・尿失禁がなくなる、あるいは失禁回数が減少する
    ・環境上の障壁に対し、移送、更衣を円滑にするために適切な器具・装具を使用する。
    O-P
    ①尿失禁の原因となる他の因子の有無(腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、反射性尿失禁、感染)尿失禁、
    ②感覚・知覚の障害の有無尿失禁、
    ③運動神経、可動性の障害の有無尿失禁、
    ④環境(障害物、照明、トイレまでの距離、トイレの高さ、手すりの有無)尿失禁、
    ⑤年齢尿失禁、
    ⑥既往歴尿失禁、
    ⑦感染徴候の有無尿失禁、
    ⑦薬剤の使用状況尿失禁、
    ⑧精神症状尿失禁、
    TーP
    ①防水シーツを使用する尿失禁、
    ②必要に応じて、ポータブル便器・尿器を設置する尿..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。