眼底検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数611
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護観察方法乳児看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    眼底検査
    目的
    眼底の異常の有無、病変の状態を知る。
    直像検査法
    眼底検査ができる範囲は狭いが拡大率が大きく、眼底後極部の詳細な検査に適している。
    必要物品
    散瞳薬(ミドリンP)、直像鏡
    方法
    暗室で行う。
    事前に看護者が散瞳薬を点眼し、散瞳しておく。
    暗室で、患者は真っ直ぐ正面の遠方を見るようにする。
    医師が被験者の右眼を観察する時は、直像鏡を右手で持ち、右眼で観察を行う。
    医師が被検者の耳側から瞳孔に光を入れ、ピントを合わせる。
    倒像検査法
    拡大率は小さいが観察される視野は広く、眼底周辺まで観察することができる。網膜剥離などの疾患には不可欠な検査である。ただし、こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。