肝炎患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,188
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    肝炎疾患患者の看護
    < 看 護 >



    標 ①身体苦痛が緩和する。
     精神的ストレスが軽減する。
    ②重症化の徴候が早期に発見される。
     治療に伴う苦痛が緩和し、合併症が予防できる。
    ③インターフェロン療法の副作用による苦痛が緩和する。
    ④治療を継続し、肝機能低下を防ぐためのセルフケア行動ができる。退
     院後の生活に関する不安が軽減する。






    ト ①急性肝炎は肝機能障害による全身症状が強く現れることが多い。肝細胞
     の修復再生を促すために、活動が制限される。身体症状や活動制限によ
     るストレスを軽減するように援助を行う。
    ②重症化の徴候を早期に発見し、集中的な治療と管理によって生命の危機
     から離脱できるよう援助する。
    ③インターフェロン療法は、発熱・食欲不振などの副作用が強いため、副
     作用による苦痛を緩和し、治療が継続できるように援助する。
    ④慢性肝炎は自覚症状が少ないために自己管理の重要性を認識しにくい。
     退院後不安なく日常生活が送れ、自己管理が維持できるよう援助する。           O           T

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                 肝炎疾患患者の看護
    < 看 護 >



    標 ①身体苦痛が緩和する。
     精神的ストレスが軽減する。
    ②重症化の徴候が早期に発見される。
     治療に伴う苦痛が緩和し、合併症が予防できる。
    ③インターフェロン療法の副作用による苦痛が緩和する。
    ④治療を継続し、肝機能低下を防ぐためのセルフケア行動ができる。退
     院後の生活に関する不安が軽減する。






    ト ①急性肝炎は肝機能障害による全身症状が強く現れることが多い。肝細胞
     の修復再生を促すために、活動が制限される。身体症状や活動制限によ
     るストレスを軽減するように援助を行う。
    ②重症化の徴候を早期に発見し、集中的な治療と管理によって生命の危機
     から離脱できるよう援助する。
    ③インターフェロン療法は、発熱・食欲不振などの副作用が強いため、副
     作用による苦痛を緩和し、治療が継続できるように援助する。
    ④慢性肝炎は自覚症状が少ないために自己管理の重要性を認識しにくい。
     退院後不安なく日常生活が送れ、自己管理が維持できるよう援助する。           O           T    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。