看護診断、牽引による体動制限や疼痛による体動困難に関連したセルフケア不足の観察項目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数10,476
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報援助能力自己方法計画生活活動食事看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    牽引による体動制限や疼痛による体動困難に関連したセルフケア不足:清潔,更衣,整容,排泄
    S情報
    ・疼痛
    ・セルフケアを行う意思
    ・セルフケアが自己では不十分である
    O情報
    □骨折部位
    □骨折に伴う安静の必要性とその程度
    □牽引や疼痛による活動性低下の有無,程度
    □年齢
    口認知能力
    □知覚能力
    □受傷前のセルフケア能力の程度
    □生活習慣
    アセスメント
    ・牽引により整復・固定位の保持を強いられることや,疼痛などの苦痛のために,一時的に運動機能の低下をもたらすことによって自己にてセルフケアを適切に行うことが困難となる
    ・治療上制限される生活動作を介助,工夫することによって患者がADLを快適に過ごすこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。