家庭復帰後の展望

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数342
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境情報介護女性家族家庭サービス自立看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭復帰後の展望
              臨床実習施設名:病院
                       臨床実習指導者名:先生  印
                                   
                            提出日:平成年月日                          
                                  
                          
    【はじめに】
     本症例は、心原性脳塞栓により左片麻痺を呈した60代女性である。錐体路症状である随意性の低下、筋緊張の低下によりADLの低下がみられる症例である。現在のADLは、入浴以外は車椅子で自立しているが、家庭の事情により家庭復帰が困難になっている。今回、家庭復帰を仮定して復帰後の展望を考察する。
    【症例紹介】
    〈一般的情報〉
     氏名:S.K氏
     性別:女性
     生年月日:
     年齢:66歳
     住所:県
     保険の種類:
     要介護:2
     診断名:心原性脳塞栓
     障害名:左片麻痺
     発病日:平成年月日
    傷病名:平成年月日:心原性脳塞栓症、不眠症、胃炎、神経因性膀胱、右肩関節周囲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。