下部消化管内視鏡検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数987
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    治療パン看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    下部消化管内視鏡検査 (CF:colon fiber/SF:sigmoidfiber)
    目的
    消化器内視鏡検査は、消化管の部位と病変(糜爛、炎症、潰瘍、腫瘍など)の確認、出血の程度と持続の確認および直視下生検による組織検査(良性、悪性腫瘍の鑑別、治療や手術の適応の選択)を行い、診断するものである。
    適応
    粘膜の症状、血流、弾力などを直接観察して病変の有無を診断する。
    生検細胞診により、早期癌を鑑別診断する。
    潰瘍、ポリープの治療効果判定をおこなう。
    ポリペクトミー、止血、薬物治療、レーザーなどの治療処置のためにおこなう。
    禁忌
    検査時使用する薬剤の中に患者にとってアレルギーとなる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。