液体窒素法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数567
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    指導液体治療時間看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    液体窒素法
    目的
    疣贅の組織を液体窒素で壊死させて除去する。
    対象
    疣贅のある患者
    必要物品
    液体窒素、小容器、綿棒
    方法
    患者に実施する部位や治療に要する時間などを説明する。
    液体窒素を小容器に準備する。
    必要時看護婦は患者の体位を固定する。
    医師は綿棒に液体窒素を浸し、患部に押し当てる。(約5~10秒、2~3回施行)
    1週間から10日間間隔で反復して行う。
    注意事項
    痛みを伴う治療の為、しっかりと患者に説明し同意を得る必要がある。
    また体動が激しいため、患部をしっかり固定して行う。特に幼少児には注意する。
    水疱ができた場合は無理に破らないよう指導し、もし破れた場合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。