運動による体への影響は

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,001
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運動による体への影響
    運動は新陳代謝を高め、呼吸を早く大きく激しくし、脈拍や1回心拍出量を増やして、全身の筋肉と皮膚の血流を増加させ(皮膚血管が拡張する)、顔面の紅潮やや発汗を起こします
    したがって筋肉運動はエネルギーをかなり使い、臓器(心臓、肺)に負担をかけることになる
    1)呼吸への影響
    ・骨格筋は体重の1/2あり、筋肉の血流量も全体の約20%を占めるので、エネルギーの代謝が高まると酸素の需要(消費)が増えます。
    しかし、酸素は体に蓄積できないので、呼吸数や1回換気量を増やし大気中の酸素摂取量を多くします。
    (運動時の1回換気量は最大限肺活量の50%も増加(正常500mばから750mgに)し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。