ラピットACTHテスト(迅速ACTH負荷試験)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数10,935
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    合成看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ラピットACTHテスト(迅速ACTH負荷試験)
    目的
    副腎皮質機能を評価するために、合成ACTH刺激によるコルチコイド分泌反応を見る。
    対象
    下垂体副腎機能異常が疑われる症例。
    禁忌および予測される危険性
    合成ACTHであり、ショックの可能性はほとんどない。
    しかし、副作用としてコルチコイドの補充を受けていないアジソン氏病ではクリーゼを起こす危険があるので、静注時に嘔吐,チアノーゼ,低血圧,下痢などの症状があれば、直ちに主治医に連絡する。
    必要物品
    コートロシン(250mg)1A、2.5ml注射器1本、18G注射針1本、22G注射針1本、採血セット、採血管(医師より指示されたも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。