部分浴(足浴)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,746
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    循環看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    部分浴(足浴)
    目的
    皮膚を清潔に保つことで爽快感を得る。
    保温、循環促進
    リラクゼーション
    対象
    入浴できない患者
    眠前の安眠のためのケア
    必要物品
    石鹸、深型洗面器、ガーゼまたはタオル、防水シーツ、湯(40~43度)
    方法
    カーテンやドアを閉め、急に開けられることのないよう配慮する。
    ベッドまたは床が汚染しないように防水シーツを敷く。
    患者に仰臥位をとり、膝を立てて洗面器に足を入れてもらう。(苦痛を最小限にできるよう配慮する。)座位をとれる患者は端座位をとるか、椅子に座ってもらう。
    湯温が適切か患者に確かめてもらう。
    特に指間と爪の汚れを丁寧に落とす。
    循環を促進す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。