褥瘡からの身体症状

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数622
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織ストレス栄養感染基礎睡眠看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    褥瘡からの身体症状
    体液の滲出
    褥瘡が形成されると、局所からは、タンパク質や電解質が含まれる体液が流出し、内部環境の恒常性を椎持することが困難になる。
    易感染性
    褥瘡が形成されると、当然のことながら細菌などが内部に侵入しやすい状態になる。
    また、皮下租職からは免疫機能を担う因子が流出するので、細菌に対する抵抗力が低下し、いわゆる易感染性となる。感染は、敗血症や髄膜炎などを引き起こす危険性が高くなる。
    疼痛
    皮膚の被覆機能が障害されると、潰瘍周囲の組織から放出された発痛物質(ブラジキニンなど)が知覚神経を刺激し、疼痛を生じさせる。
    また、創に機械的刺激が加わったり、組織の破壊が拡大するにつれ、痛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。