膵炎患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数9,898
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    膵炎患者の看護
    < 看 護 > ~急性膵炎~



    標 ( 急性膵炎)
    ・疼痛の緩和と安楽の援助によって、苦痛を最小限に抑えられる。
    ・合併症の予防、異常の早期発見ができる。
    ・不安が緩和され、心身ともに安静が図れる。
    ( 慢性膵炎)
    ・全身状態の観察によって合併症の予防、異常の早期発見ができる。
    ・苦痛の軽減、消失が図れる。
    ・栄養障害に注意し、規則正しい生活が出来る。






    ト ・安静療法への援助
    ・食餌療法への援助
    ・疼痛の緩和
    ・ショック症状と再発予防           O           T       E   備    考 ( 急性膵炎)
    1)疼痛の有無と程度
    ①部位・強さ:出現時期、持続時間、
    放散痛(背部)
    ②ショック症状
    2)全身状態:バイタルサイン(経時、1~2時
    間ごと)
    3)随伴症状の有無と程度
    ①はきけ、嘔吐、腹部膨満(腹水、鼓腸)
    ②黄疸:皮膚の状態、黄疸症状(掻痒感、出血
    傾向、全身倦怠感、食欲不振)
    4)検査デ-タ:血液検査(WBC,Ht,BUN,Ca,
    アミラ-ゼ、血糖、カリウム)
    尿検査、肝機能( 総ビリルビン
    AST

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    膵炎患者の看護
    < 看 護 > ~急性膵炎~



    標 ( 急性膵炎)
    ・疼痛の緩和と安楽の援助によって、苦痛を最小限に抑えられる。
    ・合併症の予防、異常の早期発見ができる。
    ・不安が緩和され、心身ともに安静が図れる。
    ( 慢性膵炎)
    ・全身状態の観察によって合併症の予防、異常の早期発見ができる。
    ・苦痛の軽減、消失が図れる。
    ・栄養障害に注意し、規則正しい生活が出来る。






    ト ・安静療法への援助
    ・食餌療法への援助
    ・疼痛の緩和
    ・ショック症状と再発予防           O           T       E   備    考 ( 急性膵炎)
    1)疼痛の有無と程度
    ①部位・強さ:出現時期、持続時間、
    放散痛(背部)
    ②ショック症状
    2)全身状態:バイタルサイン(経時、1~2時
    間ごと)
    3)随伴症状の有無と程度
    ①はきけ、嘔吐、腹部膨満(腹水、鼓腸)
    ②黄疸:皮膚の状態、黄疸症状(掻痒感、出血
    傾向、全身倦怠感、食欲不振)
    4)検査デ-タ:血液検査(WBC,Ht,BUN,Ca,
    アミラ-ゼ、血糖、カリウム)
    尿検査、肝機能( 総ビリルビン
    AST..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。