腟内容塗抹標本検査(スメア法)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,327
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法目的内容看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腟内容塗抹標本検査(スメア法)
    目的
    子宮腟部表面または後腟円蓋より、腟分泌物や腟頚管内容物を採取し、染色により異常細胞の有無を検査する方法がある。とくに、子宮頚癌の検診、早期診断に用いる。また、卵巣内分泌機能の検査としても用いられる。
    必要物品
    クスコ腟鏡,生理食塩水、綿棒またはオネストブラシ、スメア用スライドグラス、スメア用固定液(95%エタノール)、鉛筆
    方法
    患者に診察台で載石位をとってもらう。下半身をバスタオルで覆い、羞恥心・プライバシーへの配慮を行う。
    検査中は患者に口呼吸を指導し、身体の緊張をとるように常に声かけをする。
    スメア用のスライドグラスのすりガラスとなってい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。