日本最大のレポートサイト HAPPYCAMPUS

検索オプション
  • 私のホーム
  • 私の資料
  • 管理ツール
  • 資料広場
  • アップロード

膀胱留置カテーテル

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数12,229
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    指導項目(尿道留置カテーテル管理)
    目標 到達目標 指導内容 実施日 指導方法・評価方法 正しい手技で尿道留置カテーテル管理が出来る。 1.尿道留置カテーテルの目的が言える。
    2.必要物品を準備出来る。
    3.実施時の留意事項が言える。
    4.女性の場合の尿道留置カテーテル挿入が出来る。
    5.男性の場合の尿道留置カテーテル挿入がわかる。
    6.尿道留置カテーテルの抜去が出来る。
    7.尿道留置カテーテル挿入中の観察点が言える。
    8.カテーテルの固定が出来る。
    9.カテーテル挿入後の管理が言える。 尿閉、排尿困難な患者の腎機能維持(尿の体外排泄を助ける)。
    手術直後、循環器疾患患者等で尿量を正しく知りたい時。
    尿失禁が褥創・皮膚障害を増悪させている時。
    安静目的。
    ベッド上排泄が無理な時。
    創部の汚染予防。
    バルーンカテーテル
    (14F~22F)
    キシロカインゼリー
    蒸留水(5~10cc)
    10cc注射器、18G針
    ウロガード
    包交車(水性ヒビテン、摂氏、ガーゼ、膿盆、手袋)
    エラストポア
    患者に実施の必要性を説明し、不必要な露出を避け、プライバシーの保護に努める。
    保温と局所の採光が得られるよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告