扁桃炎患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,180
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    扁桃炎患者の看護
    < 看 護 >




    保存的療法
    疼痛を緩和し、心身の安静を保つ.
    扁桃への刺激が少ない食事を摂取し、体力を保持する.
    安楽な呼吸を確保する.
    外科的療法
    <手術前>
    不安なく手術に望める.
    <手術後>
    術後合併症を起こさず経過する.
    呼吸苦、嚥下痛が緩和される.
    看護のポイント 保存的療法
    抗生剤、ステロイド剤の正確な投与
    疼痛緩和
    水分の補給
    食事の支援
    気道の確保
    外科的療法
    創感染の予防
    食事の支援
    術後の疼痛緩和 O          T  E   備   考 保存的療法
    1)発熱の程度、持続時間、
    2)疼痛、部位、程度
    前口蓋弓から軟口蓋の発赤、膿栓の付着の有無、程度
    頚部リンパ節腫脹の有無と程度
    嚥下痛と食事摂取量、水分摂取量
    血液データ(WBC、CRP、血沈)
    7)呼吸困難が強い場合
     ①呼吸状態、
     ②血液ガス分圧、サチュレーション
     ③冷感、チアノーゼの有無・程度
    ④バイタルサインズ
    外科的療法
    <術前>
    1)不安の有無と程度
    不安の訴えとその原因
    不安行動(落ち着き、目の動き、不眠)
    2)本人の病識
    3)手術に対する、疑問や不安の言動

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    扁桃炎患者の看護
    < 看 護 >




    保存的療法
    疼痛を緩和し、心身の安静を保つ.
    扁桃への刺激が少ない食事を摂取し、体力を保持する.
    安楽な呼吸を確保する.
    外科的療法
    <手術前>
    不安なく手術に望める.
    <手術後>
    術後合併症を起こさず経過する.
    呼吸苦、嚥下痛が緩和される.
    看護のポイント 保存的療法
    抗生剤、ステロイド剤の正確な投与
    疼痛緩和
    水分の補給
    食事の支援
    気道の確保
    外科的療法
    創感染の予防
    食事の支援
    術後の疼痛緩和 O          T  E   備   考 保存的療法
    1)発熱の程度、持続時間、
    2)疼痛、部位、程度
    前口蓋弓から軟口蓋の発赤、膿栓の付着の有無、程度
    頚部リンパ節腫脹の有無と程度
    嚥下痛と食事摂取量、水分摂取量
    血液データ(WBC、CRP、血沈)
    7)呼吸困難が強い場合
     ①呼吸状態、
     ②血液ガス分圧、サチュレーション
     ③冷感、チアノーゼの有無・程度
    ④バイタルサインズ
    外科的療法
    <術前>
    1)不安の有無と程度
    不安の訴えとその原因
    不安行動(落ち着き、目の動き、不眠)
    2)本人の病識
    3)手術に対する、疑問や不安の言動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。