喘息患者の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,930
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    喘息患者の看護計画                              1

    問題点 具体策 備考 #1

    術中喘息発作出現の可能性

    #2

    術後喘息発作出現の可能性

    ・ 入室時に喘鳴、呼吸苦など呼吸状態の聴診、観察行う。

    ・ 投与薬剤の確認

    ・ ステロイド剤準備

    口腔内吸引準備

    スムーズな挿管介助

    筋弛緩モニター準備

    必要時動脈血ガス分析提出

    術中カプノメータの波形、ETCO2、PaO2、の観察を麻酔科医と共に行う。

    術中発作時、気管内チューブ、蛇管等の閉塞、気胸、肺水腫、肺塞栓などの他の原因を除外する。

    再挿管に備えて、筋弛緩薬の準備、介助を行う。

    抜管前、十分な自発呼吸を促す。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    喘息患者の標準看護計画                              1
    問題点 具体策 備考 #1
    術中喘息発作出現の可能性
    #2
    術後喘息発作出現の可能性
    ・ 入室時に喘鳴、呼吸苦など呼吸状態の聴診、観察行う。
    ・ 投与薬剤の確認
    ・ ステロイド剤準備
    口腔内吸引準備
    スムーズな挿管介助
    筋弛緩モニター準備
    必要時動脈血ガス分析提出
    術中カプノメータの波形、ETCO2、PaO2、の観察を麻酔科医と共に行う。
    術中発作時、気管内チューブ、蛇管等の閉塞、気胸、肺水腫、肺塞栓などの他の原因を除外する。
    再挿管に備えて、筋弛緩薬の準備、介助を行う。
    抜管前、十分な自発呼吸を促す。
    抜..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。