老年期看護 老年者の特徴、老化と年齢、他・・・

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,796
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境健康評価生物ストレス運動能力血圧変化神経看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    老年者の特徴 ・老化と年齢について
     老化とは:
    成熟期以後衰退期に起こる現象でホメオスタシスの障害であり、臓器的にみれば生理的予備量の低下、疾患に対する脆弱性の増加、ストレスに対する代償機能の低下である。
    *老化は生理的老化と病的老化に分類される
      ・生理的老化:種差、個人差はあるが生命体すべてに認められる表原型
    ・病的老化:生理的老化に合併して疾患や喫煙・飲酒等の環境因子がストレスとして加わっておき寿命が短縮することである。
    年齢には歴年齢と生物学的年齢がある
    ・歴年齢:生理的老化による年齢 
    ・生物学的老化:生理的老化に病的老化が加わったものであり、したがって健康状態を表現するのは生物学的年齢である。しかしこれは生活環境や栄養状態で大きく変化し生理的老化が遅れて生物学的年齢が歴年齢より若くなることもある                                         
    ⇒ 見かけ上の年齢も、患者の状態を把握するには重要となる
    ・高齢者の定義
     *65~75歳:老齢  *75~85歳:高齢  *85歳以上:超高齢
    ・術前評価について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老年者の特徴 ・老化と年齢について
     老化とは:
    成熟期以後衰退期に起こる現象でホメオスタシスの障害であり、臓器的にみれば生理的予備量の低下、疾患に対する脆弱性の増加、ストレスに対する代償機能の低下である。
    *老化は生理的老化と病的老化に分類される
      ・生理的老化:種差、個人差はあるが生命体すべてに認められる表原型
    ・病的老化:生理的老化に合併して疾患や喫煙・飲酒等の環境因子がストレスとして加わっておき寿命が短縮することである。
    年齢には歴年齢と生物学的年齢がある
    ・歴年齢:生理的老化による年齢 
    ・生物学的老化:生理的老化に病的老化が加わったものであり、したがって健康状態を表現するのは生物学的年齢である。しかしこれは生活環境や栄養状態で大きく変化し生理的老化が遅れて生物学的年齢が歴年齢より若くなることもある                                         
    ⇒ 見かけ上の年齢も、患者の状態を把握するには重要となる
    ・高齢者の定義
     *65~75歳:老齢  *75~85歳:高齢  *85歳以上:超高齢
    ・術前評価について                ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。