老人福祉施設の種類とその内容

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数779
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老人福祉施設の種類とその内容
    老人ホームには,養護老人ホーム・特別養護老人ホーム・軽費老人ホーム・有料老人
    ホームの4種 類があり,いずれも老人福祉法に基づいている。
    特別養護老人ホームは、身体上または精神上著しい障害があるために常時介護を必
    要とし,かつ,居宅でこれらを受けることが困難な状態にある老年者を対象とした施設で
    ある。経済的要件のある養護老人ホームに対し,特別養護老人ホームは介護機能を主
    とする施設であり、経済的な理由は問われない。一方,軽費老人ホームは1無料または
    低鎮な料金で老年者を入所させ、給食やその他日常生活に必要な支援を行う施設であ
    り,A型 ・B型 コケアハウスの 3種 類がある。特別養護老人ホーム・養護老人ホームとも
    対象者は65歳以上とされているが,軽費老人ホームは60歳以上で利用することができ
    る。
    今日,特別養護老人ホームは施設サービスの主力となり、1998年 時点で,新ゴールド
    プランの目標値29万人分に近い。26万 6千床まで整備が進んでいる。大多数の特別養
    護老人ホームは,デイサービスセンターの併設やショートステイ用ベッドの確保を進め,
    在宅ケアの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。