抑制法(小児)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,133
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども運動安全目的方法理解看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    抑制法(小児)
    目的
    抑制は、検査や処置・治療において、子どもの安全・安静を保つために、運動の制限を目的として行う。制限する動き、部位、子どもの年齢・理解度・身体の大きさによって方法や用具を選択する必要がある。抑制は「動きたい」という子どもの基本的な欲求と相反するものである。よって、子どもに与える苦痛、不安、不満が少ない方法を選択するようにし、過剰・不必要な抑制は行わない。
    方法
    マミー抑制;体幹及び四肢の動きを押さえるために一時的に用いられる方法で、頭部あるいは顔面、頸部の診察、採血などの際に多く行われる。
    シーツ、またはバスタオルを用い、肩から足先までを十分巻き込める幅に折る。
    し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。