輸血用血液の放射線照射

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数742
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害組織免疫方法予防時間赤血球移植細胞看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    輸血用血液の放射線照射
    目的
    輸血によるGVHD(Graft-Versus-Host Disease;移植片対宿主病)を予防する。
    輸血後GVHDの原因と病態
    輸血後GVHDは、輸血用血液中に含まれる供血者のリンパ球が排除されず、むしろ患者のHLA抗原を認識し、急速に増殖して患者の体組織を攻撃、障害することによって起きる病態である。以前は、免疫不全の患者にのみ発症すると考えられていたが、現病に免疫不全のない患者でも、HLAの一方向適合(患者が供血者を認識する方向ではHLAが適合しているため供血者の細胞は拒絶されない。一方、供血者が患者を認識する方向では不適合のため、供血者リンパ球は患者組織を攻撃する。この二つの条件が重なった場合を一方向のHLA適合と称している。)を主要な条件として発症することが明らかになっている。 典型的な輸血後GVHDは、輸血を受けてから1~2週間の後に発熱・紅斑が出現し、肝障害・下痢・下血などの症状が続き、最終的には骨髄無形成・汎血球減少症、さらには多臓器不全を呈し、輸血から1ヶ月以内にほとんどの症例が致死的な経過をたどっている。  輸血後GVHDに対して有..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。