無けいれん性電撃療法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,251
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法治療時間チェック薬物看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    無けいれん性電撃療法(ECT:electric convulsive theraphy)
    目的
    頭部の通電による治療法で、麻酔医の立ち会いのもと筋弛緩剤を静注し、筋けいれんがおこらず、骨折や脱臼を予防できる方法として利用される。通常5~10回を1ク-ルとして週2~3回行われる。
    対象
    自殺の可能性が著しく強い場合
    拒食等のため全身衰弱が強くなると予想される症例
    通常の薬物療法にて著しい副作用が現れる症例
    通常の薬物療法では効果が期待できない場合
    禁忌
    心臓弁膜症、心筋変性、冠状動脈疾患、心嚢炎、動脈瘤
    脳血管障害を経過した者
    悪性高血圧症
    妊婦
    肺結核
    全身衰弱
    必要物..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。