麻酔の覚醒状態

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,210
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護看護実習医療医・薬学医学看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    麻酔からの覚醒状態は次のような段階をたどる。
    lt対 光反射があり、中程度に縮小した瞳孔である。
    2.し ょうもう反射がある。
    3.疎 下反射がある。
    4.指 示は聞こえるが開眼できない。しかし指示によつて舌を出すこ
    とはできる。
    5.指 示に応じて開眼できる。舌を出すことができ、開眼することが
    できれば抜管することができる。
    6.指 示に応じて握手ができる。
    フ.指 示に応じて頭を5秒 以上挙上することができる。
    8.呼 びかけに応じて返事をすることができる。
    呼びかけに応じて握手をしても不十分であったり、返事をしても
    すぐに眠つてしまう状態であれば半覚理である。

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。