母性看護学実習・事前学習18ページ 新生児

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数16,450
ダウンロード数145
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境リスク測定看護観察呼吸方法身体神経温度看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新生児事前学習
    1)新生児の定義
    新生児期は児の出生から生後28日目までを指し、この時期の乳児を新生児とよぶ。
    2)出生直後の観察とケア
    ①アプガースコアの判定方法
    蘇生の必要性の有無を判断するために生後1分と5分の時点でスコアをつける。
    要素 点数 0 1 2 心拍数 0 100以下 100以上 呼吸 なし 弱い泣き声/不規則な浅い呼吸 筋緊張 だらんとしている 多少四肢を曲げる 四肢を活発に動かす 反射・反応 咽頭呼吸に反応しない 顔をしかめる 泣く/咳嗽 皮膚色 全身蒼白 四肢のチアノーゼ 全身ピンク 7点以上―正常
    6~4点―軽症仮死
    3点以下―重症仮死
    ②ケア
    気道確保(吸引)、児の体位
    吸引
    児頭が娩出されたら鼻と口を静かに拭き、児の全身が娩出されたら口腔、咽頭、鼻腔の羊水、産道、分泌物、血液などをただちに吸引する。
    ・ バルブシリンジの場合
    フットボール抱き、もしくはコットに寝かせ顔を横に向け、バルブシリンジで口角から口腔内の頬部と歯ぎんの間に挿入し、手を離す。気道内分泌物や吐物を取り除く。その後鼻腔の分泌物を取り除いて捨てる。
    ・ カテーテルの場合
    仰臥位に寝かせて顎を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。