便意、排便のメカニズム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,297
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    便意
    S状結腸にたまっている便は,結腸の総嬬動によって直腸に移動する。
    結腸が動くのは,結腸壁にある平滑筋の運動の結果である。平滑筋(内臓筋)の運動は横紋筋(骨格筋)の運動と異なり,自分で動かそうと思って動かせるものではない。結腸壁の平滑筋の間に筋層間神経叢(アウエルバッハAuerbach神経叢)がある。アウエルバッハ神経叢は,内輪筋・外縦筋の2層の筋の動きを支配する。結腸の自律神経支配域は大きく2分されている。横行結腸の前2/3までと,それ以降の結腸および直腸・肛門とである。この前半と後半では副交感神経の中枢が異なっている。
    前半を支配している副交感神経は,延髄から出る迷走神経であり,後半は仙髄S2~4から出る骨盤神経である。
    交感神経は,前・後半とも,腰髄L1~3から出て下腸間膜神経節を経たものが分布している*。交感神経は結腸の蠕動運動を抑制し,副交感神経は促進する。
    通常,便はS状結腸にたまっている。これが蠕動運動によって,直腸に移動すると,直腸内圧が亢進する。この内圧亢進の情報が副交感神経を介してS2~4に伝わり,脊髄を上行して大脳に至り,便意をもよおす。
    排便
    直腸内圧が亢進..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。