腹腔穿刺

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,640
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定治療変化血圧目的観察エコ看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腹腔穿刺
    目的
    診断および治療方針決定の目的:腹腔内に貯留している液体を採取し、貯留液の性状確認や腹腔内出血の有無などの確認(病理学的、細菌学的)
    治療目的:腹腔内に抗癌剤などを投与する、腹水による苦痛(腹部膨満や呼吸困難)を軽減する、腎不全治療としての腹膜灌流など。
    対象
    腹水貯留による苦痛の強い患者、腹膜播種で腹腔内への治療の必要な患者、腎不全で腹膜灌流の必要な患者
    禁忌
    原則として、禁忌はないが、腹部の術後患者で腸管癒着の疑われる症例には特に注意する。また、急激に大量の腹水を排液することは避ける。
    必要物品
    腹腔穿刺針(18Gサーフロー針、トロッカーカテーテル)、イソジン綿..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。