副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF:dorticotropin releasing factor)テスト

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数638
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    テロ時間ホルモン看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF:dorticotropin releasing factor)テスト
    目的
    CRFは、下垂体に直接作用してACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を刺激する。下垂体疾患ではACTHの直接刺激試験として行われる。副腎不全では原発性(アジソン病)、中枢性(ACTH単独欠損症)の詳細な検討のため、副腎皮質機能亢進症(広義のクッシング症候群)では、クッシング病(下垂体腺腫)とクッシング症候群(狭義)の鑑別の一つとして利用される。原発性アルドステロン症では、ACTHを介するアルドステロン分泌動態の検討のために用いられる。
    対象
    下垂体疾患、副腎不全、副腎皮質機能亢進..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。