退院に向けての支援

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数342
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者健康家族問題家庭生活住宅不安連携看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <は じめに>
    高齢者の入院は長くても 3ヶ 月ぐらいが望ましい。これは病状にもよるが、
    疾病の発症から治療を受けて病状が一段落する期間である。入院の長期化は高
    齢者の心理面にも影響し、生きる意欲を失わせてしまうことがある。
    共に生活する家族にとっても、高齢者のいない生活に慣れてしまうため、入
    院の長期化は出来る限り避けたい。そのため、高齢者が入院するときは、退院
    の時期も視野に入れ、準備をしていくことが必要である。
    患者 コ家族の精神面の準備
    高齢者は、いったん健康に自信をなくすと気が弱くなり、「家族に迷惑をかけ
    るから」、「家庭で今まで通りの生活が出来るだろうか」と考え、家族も 「今の
    状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。