正常な分娩経過と看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,729
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    正常な分娩経過とその看壁
    1.分 娩第 1期
    1.1. 分 娩開始
    1.2. 子 宮日開大3 cm~
    1.3. 子 宮日5~ 66m
    l.4. 極 期始まり
    1,5, 移 行期(極期、減速期)
    2.分 娩第2期
    3.分 娩第3期
    4.分 娩第4期
    1.分 娩第 1期
    1.1.分 娩開始
    <身 体的変化>
    周期的子宮収縮が1時間に5~ 6回 生じる。
    ● 陣 痛局期は10分から徐々に短縮、7~3分 、5分へ。子宮頸管は陣痛発作によ
    り展退していく。
    ● 自 然排便。
    <心 理 ・社会的変化>
    ■ 興 奮、不安、緊張があらわれる。
    ■ 陣 痛同期を測り、いつもの生活を落ち着いてできるように努力する。家族や
    周りの人に助けを求め、入院へと心身の準備を確認する。
    ■ 日 中は入院の準備を確認し、日常生活を続ける。
    ■ 夜間はできるだけ安静にして体力を温存する。
    ■ 分 娩施設に連絡し、入院の時期について相談する。
    <看 護アセスメント・助言 ・援助などと処置>
    入院前 :
    ◆ 母親学級や妊婦保健指導で習つたことを思い出して行動するよう事前指導じ
    ておく。
    電話による問い合わせ、相談に関して :..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。