正常な産褥経過とその看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数22
閲覧数5,608
ダウンロード数62
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性変化エネルギー看護妊娠免疫原因定義身体看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    正常な産補経過 とその看護
    1.産 裕期の身体的変化
    1.1.産 橋の定義
    1,2.子 宮の復古と悪露
    1.38乳 汁分泌
    1.4.月 経の発来
    1.5.代 謝の変化
    2.
    3.
    4.
    産補期の心理 ・社会的変化
    2.1.母 親への適応過程
    2.2.マ タニティブルーズ
    2.3.愛 着 ・絆の形成と子供の確認
    産福経過の診断
    3=1,退 行性変化
    3.2.進 行性変化
    身体機能回復および進行性変化への看護
    4.1.休 息と活動
    4.2.栄 養
    4.3. お卜,世
    4.4.清 潔
    4.5.乳 房のケア
    4,6,産 後経験する疼痛への対処
    1,産 福期の身体的変化
    1.1.産 褥の定義
    産褥とは、分娩直後から始まり、妊娠 ・分娩により生じた全身および性器の
    解剖学的変化と機能的変化が非妊時 (妊娠前)の 状態に回復する期間をいい、
    約6~ 8週 間である。下記表 3-1に産裾の生理的変化を示す。
    妊娠中に解剖学的に増大した臓器が妊娠前の状態に結小したり、機能的に克
    進 した臓器が妊娠前の状態に機能低下したりすることを退行性変化と呼ぷ。子
    宮の復古、循環器系、腎機能など、多くの臓器は退行性変..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。