小児麻酔の特徴

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,260
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護看護実習医療医・薬学医学看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    注射に対する恐怖心が強く、静脈ルー トが確保できない場合、吸入麻酔薬を吸入
    させることにより導入し、入眠後、静脈ルー トを確保する (緩徐導入)。小児に対
    しては最もよく行われる方法で、美気と酸素の混合ガスを用い、セボフルランのよ
    うな吸入麻酔薬を加えていく。徐々に濃度を上げていき、十分な麻酔濃度を得た後
    に静脈路を確保する。
    麻酔深度が不十分な時期の刺激は、喉頭症準など気道形の トラブルの誘引になり
    かねない。まず血圧測定、次に尿道カテーテル、そして静脈路確保、と、徐々に刺
    激を上iザていく。乱暴なマスク換気は喉頭歴摯、気道開垂を起こしやすく、そのよ
    うな場合でもすぐに気管挿管できるよう、サ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。